夫婦で育児方針が違うというケースは、それほど珍しいことではありません。 夫婦といえ、所詮は他人ですし、育った環境や歩んできた人生も異なるので、価値観が違って当たり前です。 そのため、育児方針が違ったとしても、それほど驚くべきことではないと思ってください。 ただ、育児方針の違いをそのまま解決せずに放置していると、子供はどちらの言うことを信じれば良いのか分からず、戸惑ってしまいます。 それがストレスになり、子供を困らせることになるので、早めに問題を解決した方が良いでしょう。 育児方針が違った場合に大事なのは、自分の意見を押し付けないことです。 自分の意見が正しいと思って、それを押し付けてしまうと、余計にヒートアップしてしまいます。 意見を押し付けるのではなく、あくまでも提案するというスタンスで話を進めた方が上手くいくことが多いです。 また、普段面倒を見ていないという理由だけで、旦那さんの意見を否定してはいけません。 意見を言うということは、旦那さんも育児に関心があるという証拠なので、それを無視してしまうと育児を放棄してしまう危険があります。